少量近距離引越しなら日通のワンルームパックがオススメ

引越し業者

ワンルームパックは、日通の格安単身パックの名称で、ワンルームパックの対象者は少量近距離引越しのひとです。※最近ではワンルームパックは単身パック当日便という名称になっています。

近距離の目安としては30km圏内となるので引越しの作業時間としては4時間以内となっています。また、少量の目安は段ボール10箱と冷蔵庫、洗濯機、ベッドなどの一人暮らしで必要最低限の荷物量を指します。

一人暮らしで大型家具や家電、テレビ、冷蔵庫でかつ段ボール20箱以上あるひとは、ワンルームパックの対象になりません。

ワンルームパックのコンセプトは、近距離少量引越しを予定しているひとに、格安で引越しができるプランとなるので、長距離多量引越しの方は対象としていないのです。

ではワンルームパックはどのくらい安いのでしょうか?平日と休日で料金は異なります。

平日は2.98万円(税込)以内、休日は3.48万円(税込)以内で引越しができます。もちろん、荷物の量が少なければ少ないほど安く引越しができますので、あくまでも目安として参考にしてもらえればと思います。

日通のワンルームパックで引越しをするひとは、ダンボール10箱、布団袋1枚、ガムテープ1本が無料でもらえます。ちなみに、ハンガーボックスも2枚無料でレンタルできるので便利ですね。

ちなみに引越し業者の繁忙期の2月、3月、4月は引越し料金の相場が高くなるので、単身パックでも平気で5万円近くなることもあるので注意が必要です。

日通の単身パックの金額が高騰していた場合、他の引越し業者(ヤマトやアリさん、サカイなど)にも見積もりをしてみましょう。

引越し侍やズバット引越し、HOMESやSUUMOといったインターネットの無料一括見積もりサイトを使えば、時間とお金が節約できるのでオススメです。

悪徳引越し業者だと、足元を見た高額な金額で見積もりをしてくるので、毅然とした態度で断りましょう。

引越し料金は、引越し業者側のさじ加減で決定するという曖昧な料金設定になっているので、見積もり後にいかに交渉して値引きできるかがポイントです。

引越し会社のコールセンターの営業トークに負けずに、頑張って交渉すると少量近距離引越しの場合でも数万円浮きます。

事前に複数の引越し業者へ一括見積もりをして引越し料金の相場を把握した状態で交渉に望みましょう。

節約したお金は引越し後の家具や電化製品の購入に充てて、新生活のスタートを切りましょう。なお、こちらの近距離引越しも参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です