自力引越しと単身パック、どっちがオススメ?

自力引越し

引越し料金を節約するために、自力で引越しをしようかな?と考えるひとは多いでしょう。自力引越しの場合、レンタカーを借りたり、友人や家族に手伝ってもらう必要があります。

実際に引越し業者の単身パック(格安プラン)を使う場合と、自力で引越しをする場合、料金や労力を考えるとどちらがオススメでしょうか?

引越し業者の単身パック

メリット

  • 引越し業者の作業員が搬送や設置などの作業を行ってくれる
  • ダンボール箱や布団袋などの資材を用意してくれる
  • 新居の床や壁の養生、荷物の破損時の補償がある

デメリット

  • 引越し料金が安くても1万5千円程度かかる
  • 引越し業者の搬送時間に合わせて準備をしなければいけない

自力引越し

メリット

  • 引越し業者を使わないので激安で引越しができる
  • 自分の都合に合わせて好きなタイミングで引越しができる

デメリット

  • 自分たちで車やトラックを借りて搬送作業をすべて行う必要がある
  • ハイエースなどのレンタカー代や友人へのお礼(謝礼)を払う必要がある
  • 友人が土壇場で予定が入って来れなくなった
  • 荷物を落下して壊してしまった、新居の壁に傷がついた

自力引越しの場合、レンタカーで例えばハイエースを借りたときに5千円前後しますし、友人へのお礼で焼き肉やピザをご馳走したらさらに5千円前後かかり、合計で1万円になることもありますね。

単身パックで1万5千円近く払って楽をするか、自力引越しで1万円以下で抑めて労力をかけるか?

近距離で少量の引越しなら自力引越しの方が、安く済むのでオススメですが、荷物が多いひとは引越し業者の単身パックを使った方が楽チンでオススメです。

自力引越しだと重たい荷物を搬送中に破損してしまったり、体力を使って翌日筋肉痛になるかもしれませんからね。

お金を多少高く払ってでも楽をしたいか、労力を使ってでもお金を節約するかは個人の価値観の問題なので、自分のお財布事情と相談してみてもよいかもしれません。

私は単身パックを利用したことも、自力引越しをしたことも両方あります。会社の同僚が車を出してくれて手伝ってくれたので、レンタカーを借りることもなく済みました。

周りに協力的な友人や職場の人がいれば、自力引越しでもありですね。

もし、新天地で周りに親しいひとがいない場合は、単身パックかもしくは赤帽を使って格安で引越しをしてみてもよいかもしれません。赤帽なら1万3千円前後で引越しができますからね。

これから引越す予定のひとは、上記メリット、デメリットを踏まえて、単身パックや赤帽がいいか、自力引越しにするか選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です